Skip to content

火を楽しめるようになる煙突

神からの恵み。

人類が生まれてからすぐ。

大体原始時代ぐらいの頃は火に対して人間はとても神秘性を持っていました。

しかも火は生では食べられない物を食べられるようにしてくれますし、野生動物から人間を守ってくれます。

そういう理由があったからなのか、神と火を昔は関連付けていたのです。

勿論現代ではそんなことはありませんけれども、やはり火のゆらめきは神秘的にも見えますね。

日本では花火を神社の行事で打ち上げたりもしますけれども、これは現在でも火は神格化されているからなのでしょうか。

さて、薪ストーブというものを知っていますか。

薪ストーブからは火がめらめらと燃えている姿が見えます。

思わず見入ってしまったりもするほどの勢いで燃えているので一度は目にしてもらいたいものですけれども、これを使う場合は煙突が必需品となります。

煙突を設置すると家を温めるだけでなく、中をオーブン替わりに使えるようにもなりますのでご飯も美味しくなります。